せなどすブログ

あんまり明るいことは書きません

仮面ライダーの中身が女の子になる日も近いかもーー『美男高校地球防衛部LOVE!』に見るジェンダーフリー

f:id:senakondo:20150326024219p:plain

出典:TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE!」PV第1弾 - YouTube

昨日(正確にはおととい)最終回を迎えたアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』
これこそ時代を反映した良作ですよ。企画した人に拍手を贈りたい。

男子版『セーラームーン

sailormoon-official.com

20周年を迎えて何かと話題となっている『セーラムーン』シリーズを筆頭とした、「魔女っ子アニメ」というジャンルがあります。

なかでも、わたしもどハマりしていた『セーラームーン』とか、いまだに新シリーズが作られ続けている『プリキュア』とかは「変身魔法少女アニメ」というくくりらしい。

普通の女の子が、不思議な力で悪と戦う戦士に変身して、地球の平和を守るというやつです。

冒頭に言及した『美男高校地球防衛部LOVE!』がすごいのは、この設定をまるっとそのまま男子高生に投影しているところ。いうなれば、男子版の『セーラームーン』というわけです。

重装備のヒーローとミニスカ&ハイヒールの美少女戦士

もちろんこれまでも、悪と戦って地球を守っているのは、女の子だけではありませんでした。

仮面ライダーしかり、ウルトラマンしかり。男の子のなかにも、変身して悪と戦うヒーローはたくさんいます。

でもちょっと注目してみてほしいのが、男の子の変身ヒーローは、たいてい覆面をかぶっているというところ。

仮面ライダーウルトラマンも、顔も身体も完全に覆われていて、中身が誰だかわかりません。あとなんか、すごく衝撃を吸収してくれそう。

一方、変身魔法少女たちは、いかにも戦いにくそうなミニスカートだったりハイヒールだったり、かなりビジュアル重視。しかも完全に顔をさらしてる。

そもそも女子の方が肉体的な戦闘力は低いはずなのに、男子の方が重装備というのはなんだかおかしな気がします。

やっぱり美少女には、苦痛にゆがむ表情とか、傷ついた生足とか、見えそうで見えないちらリズムとか、そういうものが求められているんでしょうね。

同じ女の私だって、セーラームーン仮面ライダーみたいな特殊なスーツで前身覆って出てきたら「あれ?」ってなる。

つまり、同じ役割を担っていても、男と女で求められるものは違うんです。

こういうのがまさしくジェンダーというものなんだなと感じて、ちょっと複雑。

仮面ライダーの中身が女の子になったっていい

でもだからこそ美男高校地球防衛部LOVE!』はすごい。

これまで女に求められてきたことを、ぜんぶそのまま男にやらせているから。

まさに、ジェンダーフリーを体現したアニメだと思います。

男も女も関係ない、好きなように生きればいいじゃん。そんなメッセージを感じて、すこし勇気づけられた気がします。(制作者にそんな意図はないんだろうけど)

仮面ライダーの中身が女の子になったって別にいいし、むしろその方がきっとおもしろい。

男だからとか、女だからとか、そういう社会的な性差なんかどうでもいいじゃんって言える世の中になるといいなと思います。


TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE!」PV第2弾 - YouTube

美男高校地球防衛部LOVE!愛の公式ファンブック (ぽにきゃんBOOKS)