読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せなどすブログ

あんまり明るいことは書きません

生まれて初めて物件見学をしてきた話

家を探しています。

23年間、のうのうと実家暮らしをしてきましたが、とうとう追い出されることになってしまいました。

立派な大人になる第一歩ですね。頑張ります。

実は、かれこれ1年くらい「もうすぐ一人暮らしするから~」なんて吹聴してまわってたんですが、やっと本格的に動き始めました。というか、いよいよほんとに実家に居づらくなってきました。

そんなわけで、生まれて初めての家探しをしているんですが、今日ついに物件見学をしてきました。

私、試着すると「やっぱこれいいです」って言い出しにくい方なんで、見に行ったら契約しなきゃいけないみたいな雰囲気になったらどうしようってちょっと不安でした。

実際、見学してその場で決めるっていうのが一般的みたいですね。覚悟はしていったんですが、今日見に行った物件は2つとも微妙な感じだったので、しっかり「ノー」と言ってやりましたよ。

後日また他の物件を見学させてもらうことにして、今日は帰宅しました。

見学自体は楽しかったです。部屋に入る瞬間のドキドキ感とか、新生活を妄想するワクワク感とか、味わえました。

 

正直、ネットで写真とか見られるし、わざわざ行くの面倒だなって思ってたんですけど、これは絶対行かなきゃだめですね。

条件だけ見たらかなりいい感じの物件があったんですが、入った瞬間「ここには住みたくない」って感じたので、そういう感覚的なものは大切にしなきゃいけないですよね。

 

あと、誰に探してもらうかって一番重要な気がしました。

私、明大前らへんに住みたいって希望出してたんですけど、担当してくれた人がすっごい東急沿線推しで、いつの間にか東急線沿いの物件しか出してくれなくなってました。まあいいんですけど。

具体的な条件はパソコンに打ち込んで検索するだけだから、多分誰がやっても同じだと思うんです。でも、感覚的なところってそうはいかないじゃないですか。

条件はいいんだけど、なんとなく違うんだよなって感じても「何が」違うのか「どう」違うのかってうまく伝えられない。

だから、もともと似通った感覚の人に選んでもらった方が希望通りの物件が見つかる気がします。

女の人は女の人に探してもらった方がいいのかもしれません。あと、年が近い人。

 

私は男の人に探してもらってるんですけどね。

次こそいい家が見つかりますように。