せなどすブログ

あんまり明るいことは書きません

君の髪型は。

ラスト25。バースデー・イブ。明日、26歳になってしまう。もうすぐ誕生日だっていうのに、口内環境が最悪だ。唇にも舌にもド級の口内炎ができていて、とても痛い。ついてねーなマジで。 そんなことより、26歳になる前にどうしても言っておきたいのは、『君の…

失恋したので髪を切りました

髪を切った。そこそこの長さ。「ショートボブ」と呼ばれる髪型になった。 あまり変わらないといえば変わらないけれど、ここ2、3年ずっと「ミディアムボブ」くらいの長さを保つようにしていたから自分としては新鮮だ。 本当はずっと短い髪にしたかった。でも…

腐海とともに生きる

ちょっと家事をサボると家中が腐海の毒に侵される。シンクのなか、風呂場の排水口、ベッドの下……。正直、家事なんかひとつもしたくないので、ぼくの家は腐海だらけだ。 でも、ベッドの上(風の谷)さえ生きていれば大丈夫、と思っていたのだけれど、シーツを…

文章を書いて、飯を食うということ

私は、文章を書いて飯を食っている。 漠然と描いてきた将来の夢のなかのひとつが、なんとなく叶った感じだ。 私はこの仕事が好きだし、たぶん天職だと思う。なぜなら、なまけ者で面倒くさがりな私が、とくに努力せずに他人より優れた結果を出せるのは、文章…

ブログの語尾って迷う

ブログ書くときいつも迷うのが、「です・ます」調で書くか、「だ・である」調で書くかってこと。 仕事で書くのは、だいたい「です・ます」調だから、「だ・である」調で書いてみようと思って、ここのところそうしてたんだけど、なんかやっぱりキャラじゃない…

ウーパールーパーの別名、知ってる?

かつて、通っていた大学の王様を決める大会で、ウーパールーパーを食べるという競技があった。(自分でも何を言ってるのかよくわからない) ブームが過ぎ去ってから生まれた私にとって、ずっと曖昧だったウーパールーパーのイメージが、「ゲテモノ、キワモノ…

わたしのすきな、ギョロ目のはなし

▲ すべて自分で模写したもの ギョロ目のキャラクターがすきで、すきで、たまらない。 いったい、どんな目のことかというと ぎょろめ【ぎょろ目】 大きく開いて見据える目つき。また、ぎょろりとした感じの目つき。 (『岩波 国語辞典 第七版』より引用) だ…

ひとり8本の原則

メディアジーンで働いていたとき、編集部に「ひとり8本の原則」というものがあった。 これは、記事広告の案件はひとり最大8本までしか受け持たないようにするというルール。8本という数字は上司が決めたものなので、くわしい根拠はわからないが、とにかくひ…

君の大事なところから、1週間出血し続けたらどうする?

「避難所の男性職員が、生理用品をエログッズだと勘違いして送り返した」 そんな都市伝説みたいな話が発端になって「男ってほんと、女の身体のことなんにもわかってない」論がさかんになっている。でも、こういう話題で必要以上に男性批判する人は、最終的に…

「産んだのはお前」のおっさんがセンテンススプリングの餌食になった

朝に上げたブログで偉そうなおっさんのひとりとして紹介した、「産んだのはお前」発言の山田宏氏のスキャンダルを「週刊文春WEB」がスクープしていた。 shukan.bunshun.jp 離婚訴訟を起こされている山田氏の奥さんが、取材で過去の不倫問題について語ったそ…

親愛なる日本のおっさんたちへ

おっさんって、謎だ。 www.huffingtonpost.jp 20歳くらいの巫女さんに「自民党は好きじゃない」と言われて「巫女さんのくせに」と発言。 www.nikkan-gendai.com ソープ通いを摘発されそうになって「(自分は)潔癖な性格なのでソープには行きません。嫁が東…

ポエム期の自意識の気持ち悪さは異常

私の人生には、たまにポエム期が訪れる。 ポエム期は、うつ期の亜種みたいなもので、とにかく気持ち悪いポエムを毎日量産してしまう時期のことだ。 ちょうど、前回のポエム期(2年前くらい)に更新していたブログを久しぶりに見てみたら、その気持ち悪さに驚…

カッコいいは疲れる、カワイイは作れる

出典:2016年3月号|sweet(スウィート)│宝島社の女性ファッション誌 ニッポンに「カワイイ」が戻ってきた……らしい。 日本一(かどうかは知らないけど)のファッションECをつくった男と付き合ってるサエコが言ってるんだから間違いないだろう。(実際は、サ…

ババロア王子と私のバレンタインの記録

画像出典:Weheartit 今週のお題「バレンタインデー」 バレンタインデーに、初めて男の子にお菓子を作ったのは高校2年生のとき。 小学生のころから過激なフェミニストだった私は、男のためにお菓子作りをするなんて「けしからん」ことだと思っていた。 そん…

2.5次元俳優の素晴らしさについて語るから聞いてくれ

世界には2.5次元という次元が存在している。 定義は諸説あるが、最近ではとくにアニメ作品やゲーム作品を舞台化したものを指す。 そして、私は、この2.5次元舞台に多く出演している俳優が大大大好き。 そこで、誰に頼まれたわけでもないけど、2.5次元俳優の…

ToDoリストってハイパーストレスじゃないですか?

効率よく仕事するために、ToDoリストは欠かせないらしい。 でも、あれってストレスじゃないですか? いや、たぶん、普通の人はその方が仕事がはかどるんだろうなっていうのはわかるんです。 わかるんですけど、やらなきゃいけないことが可視化されるって、わ…

もし、死ぬほど好きになった人が既婚者だったらどうしようか

もし、好きで好きでたまらない人が既婚者だったら、どうすればいいんだろう。 世間的に「不倫は悪いことだ」と言われていることはわかる。頭では理解できる。 でも、既婚者を好きになってしまった女を、頭ごなしに責めることは、できない。 既婚男との恋愛は…

フカキョンがダメ女役なんてぜんぜん共感できない

出典:TBS『ダメな私に恋してください』公式サイト 中身がどんなにダメだったとしても、美人をダメ女とは言っちゃいけない。 これもうね、絶対。 漫画『ダメな私に恋してください』がドラマ化! 『ダメな私に恋してください』って漫画がドラマ化されるそうで…

サエコが2000億円と益若つばさがセカオワと付き合ってるらしいけど

どんな人と付き合ってるかが、自分自身の評価につながることってあると思う。 なんか、サエコが総資産2000億の社長と、益若つばさがセカオワの人と付き合ってるらしい。 もうね、さすがサエコ。 絶対にハズさない。 年俸1000万ドルの次は資産2000億円だって…

サンタさんへの手紙にパパとママの悪口をびっしり書いて送った話

トピック「サンタさん、これください」 私もとうとう、クリスマスに心躍らない大人になってしまった。 悲しい。とても悲しい……。 せめてもの慰みにコンビニで買ったチキンを食べてたら、ふと、小学生のころサンタさんに宛てて書いた手紙について思い出した。…

だからお前はブスなんだって4年越しに言ってやりたい

nicoly.jp 鼻にヒアルロン酸を入れてきた。 鏡を見るたびに「わー、鼻がある……!」と感動し続けている。 ずっと、自分の鼻が嫌いだった。 横顔を見られるのが本当にイヤで、人が真横に立っているとすごくストレスを感じていた。 でも、施術を受けてから自分…

「ここまでやるか」って女に私はなりたい|映画『ゴーン・ガール』

※ ネタバレあり 今さらながら『ゴーン・ガール』を観た。 基本的にあんまり洋画好きじゃないんだけど、 かれこれ6年以上の付き合いになる、わたしの数少ない友達「おのさん」が、「『ゴーン・ガール』に出てくる奥さんがせなどすに似とる」って言うからこれ…

仮面ライダーの中身が女の子になる日も近いかもーー『美男高校地球防衛部LOVE!』に見るジェンダーフリー

出典:TVアニメ「美男高校地球防衛部LOVE!」PV第1弾 - YouTube 昨日(正確にはおととい)最終回を迎えたアニメ『美男高校地球防衛部LOVE!』。これこそ時代を反映した良作ですよ。企画した人に拍手を贈りたい。 男子版『セーラームーン』 <a href="http://…

依存って言わないで、趣味って言って!

「恋愛依存」って言葉を聞くとギクリとする。 彼に会えそうなときは全て予定を空けておく人、注目! 恋... 彼に会えそうなときは全て予定を空けておく人、注目! 恋愛依存チェックリスト |AM チェックしなくてもわかるけど、わたしはまさに「恋愛依存」です…

女子はなんでもかんでも「カワイイ」というけれど

「女はなんでもかんでも『カワイイ』と言う」というのは、「はい、そうですね」と認めざるをえません。自分でも「これは本当に『カワイイ』という表現で合っているのか」と疑問に思いながら使うことがあります。 でも、そこに言葉のおもしろさを感じていたり…

彼氏のことを「彼」と呼ぶのはなぜ?

なぜ最近の女子は「彼氏」ではなく「彼」という言葉を使いたがるのか。— せなどす (@sena_kondo) November 24, 2014 彼氏のことを「彼」と呼ぶのは、最近の流行なのでしょうか。ここ1年くらいで、よく聞くようになったけれど、それはそういう風潮なのか、そ…

ペアリングをねだるのは本当に無意味だからやめておけ

先日、友人とペアリングの話になりました。 いわく「ペアリングをくれたら、私への想いの強さが証明される」とのこと。 彼女はまだピチピチのうら若き乙女。そこで、僭越ながらアドバイスをさせてただくと、ペアリングなんかで想いの強さが計れるわけがあり…

「素敵な男性に選ばれるために自立しよう」みたいなのほんと嫌い

小学生のころから「男尊女卑」というものにひどく敏感でした。だって当時、私より成績がいい男子も、私よりハキハキとものが言える男子も、なかなか周りにはいなかったので、大人になると男ばっかりえばっているのがどうしても理解できなかったからです。だ…

私が面食いを公言しているのはイケメン好きとかそういうんじゃないんだってば

最近、好きなタイプを聞かれたら、必ず「私は面食いです」と答えるようにしています。自分の顔、鏡で見てから言えよっていう意見は受け付けません。だって別に「イケメンがタイプ」って言ってるわけじゃないんです。もちろんイケメンは大好きですが、私が言…

「論破すること」と「納得させること」には大きな違いがあってだな

今日、会社で同期と議論、というか「比較的穏やかな言い合い」をしました。 誰かと意見が対立したとき、私は結構強い方です。だいたい相手を論破することができます。 今日も例外ではありませんでした。でも、あちらは同期といえど年上の方なので、折れてく…