読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文章を書いて、飯を食うということ

仕事

f:id:senakondo:20160616214851j:plain

私は、文章を書いて飯を食っている。

漠然と描いてきた将来の夢のなかのひとつが、なんとなく叶った感じだ。

私はこの仕事が好きだし、たぶん天職だと思う。なぜなら、なまけ者で面倒くさがりな私が、とくに努力せずに他人より優れた結果を出せるのは、文章を書くことだけだから。

なんだか向上心がないように感じるかもしれないけど、けっしてそういうわけではない。

やっぱり仕事として選ぶなら、頑張らなくても、たとえ手を抜いても、必ず80点は取れるっていうものにした方がいいと思う。

それが自分のためでも、周りのためでもあるから。

そんなことを考えているなかで最近気付いたのが、文章を書いて飯を食うのって、思っていたよりぜんぜん"普通"のことだってこと。

ぜんぜん詩的でもないし、情緒的でもない。淡々と、そして粛々とこなす感じ。でも仕事ってえてしてそういうものだ。

だから、文章を書くことが自己表現の唯一の手段になっている人は、文章を書いて飯を食おうとは思わない方がいいと思う。よっぽどの有名人か恐ろしく文才がないかぎり、自己表現のイタい文章で金はとれない。

自己表現の文章は、ブログやらSNSやらで垂れ流しておけばいいのであって、どこかからお金もらって掲載するようなものじゃない。もちろん、エッセイみたいにむしろそれを書いてほしい場合もあるけど、そういうときは、ちゃんとそう言って発注する。

たいていの人は、自意識の有り無しを使い分けできると思うのだけど、たまに頼んでもないのに、自意識でベタベタの文章を書いてくる人がいる。

そんなときは、容赦なく真っ赤にして戻すか、ほぼ書き直しってくらい校正入れる。何度心のなかで「ブログじゃないんだけどな」と思ったことか。

私もまだペーペーだから、偉そうに何言ってんだって感じだけど、文章を書いて飯を食いたいって思ってるなら、いったん自意識を手放して書いてみるべきだと思う。

もちろん、自己表現の文章だけで食っていける人もいる。でも、何度も言うけど、そういう人は、ずば抜けた文才や表現力があるか、もともと有名人かどっちかだ。

だから、文章を書いて飯を食いたいならまず、自意識をとっぱらって書いてみるべきだ。編集者やライターになりたいっていう人はとくに。

紙でもWebでも、メディアに載せる文章は、ちゃんと読者の方を向いていなければならない。どんなに素晴らしい文章でも、読まれなければ金にはならないから。自意識は、スパイス的に"きかせる"ために使えばいいのだ。

自意識でベタベタの文章ばっかり書いてると、絶対そこを見失う。ただの自己満足の文章では、ビジネスはできない。ビジネスとして金を取れない限り、文章を書いて飯を食うのは無理だ。

お金なんかいらない、読んでくれる人がいなくてもいい、自分が書きたいものだけ書きたい、そういう考え方があってもいいと思う。

でも金がとれなきゃ、プロにはなれない。結局それは、どこまでいっても単なる趣味でしかない。

私は、ものを書くプロでいたいから、今日も明日も書き続ける。

自意識を手放して、淡々と、粛々と。

ウーパールーパーの別名、知ってる?

漫画

かつて、通っていた大学の王様を決める大会で、ウーパールーパーを食べるという競技があった。(自分でも何を言ってるのかよくわからない)

ブームが過ぎ去ってから生まれた私にとって、ずっと曖昧だったウーパールーパーのイメージが、「ゲテモノ、キワモノ、イロモノ」のジャンルに割り振られた瞬間だった。

それからウーパールーパーと接点をもつ機会はなかったから、ここ最近までずっとそんな印象のままだった。

でも、もしいま「一番好きな両生類は?」と聞かれたら、間違いなくウーパールーパーと答える。それは、よしふみとからあげという超絶キュートなコミックに出会ったからだ。

社蓄の飼い主としゃべるウーパールーパーの物語

『よしふみとからあげ』の主な登場人物(生物)は、月の残業時間が100時間を超え、タイムカードが真っ黒な、社蓄のなかの社蓄よしふみと、よしふみの元嫁がスーパーの食品売り場で見つけたウーパールーパーのからあげ。

もともとは、ただのウーパールーパーだったからあげだが、よしふみの嫁が離婚届を置いて家を出て行ったその日、どういうわけか人間の言葉をしゃべれるようになる。やけ酒をしているよしふみに「ドンマイ。元気出せよ、よしふみ」という言葉をかけたのだ。

f:id:senakondo:20160614022411p:plain

出典:関口かんこ『よしふみとからあげ』(講談社

『よしふみとからあげ』は、飼い主のことを思いやっているのか、小馬鹿にしているのかわからない、しゃべるウーパールーパーと、嫁に逃げられた社蓄の飼い主よしふみのちょっとシュールでハートフルな日常系ストーリーである。

憎めないからあげと、振り回されるよしふみ

『よしふみとからあげ』がおもしろいのは、からあげとよしふみの間に明らかな上下関係があること。立場が上なのは、ウーパールーパーのからあげ。人間のよしふみは、一方的に振り回されては不運な状況に陥っている。

ウーパールーパーは非力な生物だが、からあげはその達者な口でよしふみを"口撃"したり、クレジットカードや保険証を人質ならぬ"物質"にして脅したりすることで、よしふみをパシリにしているのだ。

f:id:senakondo:20160614031506p:plain

 出典:関口かんこ『よしふみとからあげ』(講談社

わがままで生意気なからあげは、よしふみの人の良さにつけこむ性悪女ならぬ性悪メス(からあげはメス)なんだけど、どこか憎めない。ゆるいしゃべり方や小さい身体が可愛らしいし、結果的に藪蛇になるとはいえ、大切なATMであるよしふみのために、健気な行動をする姿がいじらしいからだ。

個人的に一番萌えたのは、よしふみが自分のことを家族と呼んだことに対して、「フフフ」とにやけていたシーン。とてもかわいい。

f:id:senakondo:20160614031309p:plain

出典:関口かんこ『よしふみとからあげ』(講談社

それから、ブラックジョークがふんだんに取り入れられているところも好き。からあげが自分を非常食と称したり、アンパンマンに憧れて子どもに自分の身体を食べさせようとしたり……。からあげっていう名前とあいまって、シュールさが増す。

最新巻(3巻)のなかではとくに、ポッキーゲームをしようとして別のウーパールーパーを共喰いするシーンや、『ブラック・ジャック』のパロディ(「おこがましいと思わんかね」のやつ)が印象に残っている。

実は、ウーパールーパーのほかにも、いろいろな生物が登場するんだけど、だいたい死ぬ。カナブンとスズメの退場の早さには笑った。

クスッと笑えて暇つぶしにちょうどいい

『よしふみとからあげ』は、1話の長さがだいたい2ページくらいで、テンポよく話が進んでサクサク読める作品。爆笑することはないんだけど、ついクスッとかニヤッとかしてしまう。いい意味で暇つぶしにちょうどいいし、公式サイトに書いてあったように、寝転がって読みたい感じの脱力系漫画だ。

個人的に、いま1番好きな漫画かも。からあげがギョロ目キャラっていうのもポイント高い。

ちなみに、ウーパールーパーの別名はメキシコサラマンダー。あとアホロートルとも言うらしい、よ。

よしふみとからあげ(3) (KCデラックス ヤングマガジン)

よしふみとからあげ(3) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
よしふみとからあげ(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

よしふみとからあげ(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
よしふみとからあげ(2) (KCデラックス ヤングマガジン)

よしふみとからあげ(2) (KCデラックス ヤングマガジン)

 

 

わたしのすきな、ギョロ目のはなし

日記

f:id:senakondo:20160531161044p:plain

▲ すべて自分で模写したもの

ギョロ目のキャラクターがすきで、すきで、たまらない。

いったい、どんな目のことかというと

ぎょろめ【ぎょろ目】

大きく開いて見据える目つき。また、ぎょろりとした感じの目つき。

(『岩波 国語辞典 第七版』より引用)

だとか。つまり、ギョロ目のキャラクターとは、初期設定で目を見開いているような顔をしているキャラクターのことだ。

もうすこし細かいことを言うと、目のかたちがまんまるで、黒目が白目のなかにすっぽりおさまる四白眼、というのが私の好きなギョロ目キャラの特徴。

この、焦点の定まらない感じと、こわいくらいの無表情さに、なぜかどうしようもなく惹かれてしまう。また、ギョロ目を見ていると、世界の深淵を覗いているような、ハラハラとした気持ちにさせられることも、魅力のひとつかもしれない。

ギョロ目キャラクターの魅力を広めるために、とくにお気に入りのギョロ目ちゃんたちを紹介しようと思う。誰にも頼まれてないけど。

スイッピー(JR東日本

f:id:senakondo:20160519174447p:plain

  • やや黒目がち
  • たまにアルカイックスマイルになる

スイッピーは、ギョロ目キャラクターのなかで、とくに黒目が大きい。人間も、カラコンで黒目を大きく見せると愛らしい雰囲気になるけど、キャラクターも同じようだ。スイッピーは、ギョロ目にはめずらしく、正統派のかわいい系キャラだと思う。

私がキョロ目好きに目覚めたのは、スイッピーがきっかけ。ルミネカードの特典でもらえるグッズ類がめちゃくちゃかわいかったから。当初はペンギン好きなんだと勘違いしていたけど、のちのちギョロ目だからすきになったんだなと気付いた。

マイク・ワゾウスキ(ディズニー/ピクサー

f:id:senakondo:20160519174901p:plain

  • 本体そのものがギョロ目
  • とにかく目がでかい

厳密には、私のすきなギョロ目の条件を満たしていないんだけど、それでも一番すきなキャラクター。なぜならモンスターズ・ユニバーシティ』で自分のハンデと必死に戦う姿に号泣するほど感動したから。

本来は、白と黒だけで描かれた、フラットなデサインのギョロ目が好きなんだけど、マイク・ワゾウスキの瞳には、瞳孔も虹彩もあるし、細かく線が描きこまれていて繊細かつ複雑。ただ最近のグッズだと、フラットなギョロ目にデフォルメされていることが多いので、あり、ということに。

リトルグリーンメン(ディズニー/ピクサー

f:id:senakondo:20160519182849p:plain

  • ギョロ目×3のインパク
  • 一つひとつの目は小さめ

ギョロ目が3つも付いているという、ギョロ目界のチートキャラ。しかも、基本的に群れで行動するので、すごい数のギョロ目がずらりと並ぶ。圧巻。

ただ、横長につぶれた顔に3つも目が付いているので、一つひとつの目の大きさが小さくなってしまう。すると、ほかのキャラクターと比べたとき、可愛らしさのポイントが少し下がる。マイク・ワゾウスキと同様、最近はデフォルメされていることが多い。 

のるるん(東急電鉄

f:id:senakondo:20160519183031p:plain

  • すっごい離れ目
  • 表情のなさはピカイチ

ギョロ目界で一番、目が離れているキャラクターかもしれない。ギョロ目が離れて付いていることで、どこかまぬけな雰囲気を醸し出している。

ただ、同時に不気味な印象を与えてしまうのが玉にキズ。眼の焦点、定まってないからね。また、まぶたがないため目もとの表情は常に一定で変わることがない。そのうえ、手足の可動域が少ないので、口の形でしか感情表現できない。ギョロ目界一の無表情さである。

 

ポインコ(ドコモ)

f:id:senakondo:20160519183130p:plain

  • めっちゃより目
  • 眼球が飛び出している 

いま一番注目しているキャラクター。初めて世に出たときから、そんなに時間は経っていないけど、すでにギョロ目キャラとしての地位を確立している。グッズ化したし。

ポインコの目は、ふたつの眼球が完全にくっついている超より目。のるるんとは正反対である。スイッピーやのるるんのような、日本発のギョロ目キャラは目が離れてついている傾向があるのでめずらしい。どちらかというと、『セサミストリート』とか『ひつじのショーン』みたいで、アメリカンな雰囲気。

ギョロ目は魅力的

ギョロ目には不思議な魅力がある。純粋にかわいいとは言いがたいけれど、見開かれた目に、つい引き込まれてしまう。

実際、ギョロ目のキャラクターは多くの分野で起用されているので、多くの人に自分のお気に入りギョロ目を見つけてほしいと勝手に思っている。

 

ひとり8本の原則

フリーランス 仕事

f:id:senakondo:20160512172054j:plain

メディアジーンで働いていたとき、編集部に「ひとり8本の原則」というものがあった。

これは、記事広告の案件はひとり最大8本までしか受け持たないようにするというルール。8本という数字は上司が決めたものなので、くわしい根拠はわからないが、とにかくひとりで8本以上の案件を回すと"ヤバい"ということだ。

ふと、当時は死ぬほど忙しいと思っていたメディアジーン時代より、フリーランスになった今の方が地獄みたいに忙しいことに気付き、そういえばあのころは「ひとり8本の原則」に守られていたのだと思い出した。

編集者の業務は、個人に強く紐付いてしまうもので、誰かと共有したり、スポットで代わってもらったりすることが難しい。それは、記事の完成図が担当している編集者の頭の中にしかないから。もちろん、いろいろな方法でイメージを共有することはできるけれど、本人が主体にならないと満足できるものができあがらない。そもそも編集者なんて職種は、こだわりの強い人ばかりなので、他人に自分の案件を任せるのはイヤなのだ。

だから、担当する案件の量によって、忙しさにはかなりバラつきが出る。もちろん、質的に"重い"という案件があるので一概には言えないが、多くの案件を抱えている人ほど、みるみるライフが削られていく。そんな状況を受けて、特定のだれかに負担が集中しないよう「ひとり8本の原則」が導入されたのだ。

8本という本数の根拠がわからないとは言うものの、さまざまな死線(炎上案件とか、無理ゲー案件とか)を乗り越えてきたベテラン編集者が決めた数字なのだから、きっと核心をついたものなのだろう。

ここで、現在の自分の状況を振り返ってみると、抱えている案件の数は8本なんて優に超えている。ぶっちゃけ10本以上ある。企画立てて、人をアサインして、取材のアポとって、ラフ作って、撮影ディレクションして、スケジュール管理して、原稿の校正して、画像加工して、CMSに入稿して……。ざっと洗い出しただけで「うげっ」と言いたくなる業務量。これを10本以上も並行してやっているのか。さらに私の場合、編集案件だけでなく、ライターとしていただいている原稿仕事もある。忙しいはずだ。

仕事をたくさんいただけることは本当にうれしいし、正直私は「忙しくて死にそう」って言ってるときが一番心が満たされている。だから心配は無用だし、引き続き仕事は絶賛大募集中だ。

でも困ったことに、気持ちが大丈夫でも身体が言うことを聞かないときがある。今日も明日も明後日も徹夜で仕事したってぜんぜんいいと思ってるのに、身体はたった一晩寝ないだけで悲鳴を上げる。

24時間働けますという思いとうらはらに、身体は使いものにならず、スケジュールを後ろ倒しにしてもらったり、原稿の〆切を延ばしてもらったり、結局周りに迷惑をかける。

私はつくづく、マネジメントができないやつだなと思い知った。自分が死にそうになるのは勝手だが、それでひと様の仕事にまで支障をもたらしてはいけない。

無理です、できません、って言えない質なのが原因だが、自分のキャパを顧みず、できます、やらせてください、と言うのはただのわがままだ。結局、すみません、間に合いません、ちょっと待ってください、になるのだから。

 

ということで、すっかり心を入れ替えた次第です。諸々ご対応いただいた関係者各位、ありがとうございました。今後は〆切厳守で(社会人として当たり前)精進していく所存ですので、何卒よろしくお願いいたします。

 

って、まだ入稿してない原稿あるけどな。(急いでやってます。ほんとです)

君の大事なところから、1週間出血し続けたらどうする?

男と女

f:id:senakondo:20160422040659j:plain

 「避難所の男性職員が、生理用品をエログッズだと勘違いして送り返した」

 そんな都市伝説みたいな話が発端になって「男ってほんと、女の身体のことなんにもわかってない」論がさかんになっている。でも、こういう話題で必要以上に男性批判する人は、最終的に「やっぱり男はダメ」って言いたいだけのフェミニストな気がするから、あんまり気にしなくていいと思う。実際、私もその一派だけれど、そういう話題は、ネットであーだこーだ言うんじゃなくて、女子会のためにとっておきたいよねー。男の悪口、いいつまみ。

 

男も生理についてちゃんと理解しろって言うけどさ、生理が続く具体的な日数とか、経血の量とか、生理痛の痛みの度合いとか、ことこまかに知られるなんて正直キモい。それに私、朝勃ちの詳しい仕組みとか別に知りたくないもん。聞いても「男の人って大変だね」くらいにしか思わないし。「大丈夫ですか? TENGA使いますか?」とか、絶対言わない。自分についていないものについて理解するなんて、なかなか骨が折れる。

あと、生理って個人差がすごい。もう1ミリも動けないってほどの痛みがある人もいれば、あ、そういえば生理きてたっけ?ってくらいケロッとしてる人もいる。だから「生理とは」って定義できないと思うんだよね。それより、身の回りの人、職場の人とか家族とか恋人に、自分の体調の変化(バイオリズムっていうの?)について知っておいてもらうのが大切だと思う。

ただ、もし本当に「生理用品は贅沢品」「ティッシュつけとけばいい」「生理って1日で終わるんでしょ」なんて教養のない男がいるなら、一発腹パン食らわせたい。それから、生理に関する話題でたまに聞くのが、職場の人、とくに上司の生理に対する知識がなくて、体調最悪で仕事どころじゃないのに「怠慢だ!」とか思われて大変だって話。でもそれって、生理うんぬん以前に体調の悪い部下にそんな対応しかできない職場なんて、そもそもおかしい。

 

「生理について正しく理解しろ」ではなくて、身の回りの女性の体調をもう少し気遣ってって話。それから女の方も、自分の体調についてきちんと伝えるべきだと思う。生理はエロでも恥ずかしいことでもないのだから「生理痛が重いので月に一度何日間か作業効率が落ちます」とか「いま生理中だから些細なことでイライラししちゃうんだ」とか、口に出した方がいい。「言わなくても察してよ」という態度は単なる甘えだと思う。男女ともに歩みよりましょうねって月並みな話だけれど、たぶんすごく大切。

 

  

ところで、「生理? だから?」なんて反応されたら、絶対「死ね」って思っちゃうけど(きゃー野蛮)、逆に「大丈夫?」「無理しないで」「可哀想だね」って無駄に心配されても「うっせえ! お前に何がわかるんじゃ!」って思っちゃうのが乙女心の複雑なところ♡ べつにそれで君のポイント上がらないから、とりあえずそっとしておいてほしい。優しい言葉をかけてもらえるのはありがたいけど、生理のときはそれどころじゃないし、情緒不安定でイライラしているので。ていうか「大丈夫?」とか言ってるくせに、なんでお前が寝てて私が風呂ためにいくわけ?

心配してもらえないとムカつくけど、優しい言葉をかけてもらっても、お前にこの辛さがわかるか!って思っちゃう……。乙女の心は矛盾だらけ。それでふと、男の人に生理がどんなもんかなるべく正確に伝えるにはなんて言ったらいいのかなーと考えて、思いついたのが「君の大事なところから、1週間出血し続けたらどう?」っていうもの。シンプルだけど、すっごくわかりやすくない? これならリアルに想像できるんじゃないかと思ってさっそく使ってみた。

 

「ねえ、君の大事なところから、1週間出血し続けたらどう?」

「え、死んじゃうよ!」

えー、まさかの答え。

「そうじゃなくて、女の生理ってそういうことだって言いたいの」

「それは違くない? だって身体のつくりが違うじゃん」

いや、そういうことじゃなくて……。

 

ぜんぜん伝わらなかった。

 

別にことこまかに理解してくれなくていいから、「生理=大事なところから血が出続ける=なんかヤバい」ってことはリアルに感じてほしかったんだけどなー。

とはいえ、個人的な経験をふまえると、ちゃんと理解しようとしてくれてる男の人は意外と多い気がする。こういう比較はあまりにも安易だけれど、女性が本格的に社会進出をしていなかったころに比べれば、「イマドキ」の男の子は女性の身体について、ある程度知識はあるんじゃなかろうか。

王子(彼氏のこと)なんて、職場の女上司が「彼女が生理で辛いときは優しくしてあげなさい」「イライラしていても広い心で許してあげなさい」とキリストよろしく教えを授けてくれるらしく、びっくりするほど優しい。でもどんなに優しくしてくれても、生理のときは「お前の優しさはそんなもんかよ?」「もっとできるだろ、もっと」って思ってしまうんだけど。(ごめん)

 

でも生理が終わると「いやーもうほんとにありがとうございました!」「あなたさまは本当にお優しい! 神!」ってなる。

そんなことを毎月くりかえしている日々である。

残業は正義じゃない

仕事

ある記事のタイトルに「時短社員と残業してバリバリ働く社員」という記述があった。

そういう意図がないことは百も承知だけれど、この書き方では「時短社員」と「残業してバリバリ働く社員」が比較対象になっているように感じる。すると「残業して働く社員はバリバリ働いてる」けど「残業しない時短社員はバリバリ働いていない」と言っているように感じてしまうのは私だけ?

 

日本の「働き方」に関する問題は、「残業してる=仕事頑張ってる=素晴らしい」っていう残業神話が崩壊しない限りなくならない気がする。たとえば、当該記事で話題になっていた時短制度の基本的な目的は、育児をしている人でも働きやすいように、働いていても育児に支障が出ないようにってことだと思う。労働力の確保も少子化の抑制もできて一石二鳥だね。

もちろん、それはそれで機能しているのだろうけど、個人的にはもっと踏み込んで解決すべき問題がある気がする。時短制度使用して「16時に帰っていいよ。会社が許可してるよ」って人のなかで16時ぴったりに帰る人ってあんまりいないんじゃないかなあ。もちろん5分、10分の延長は許容範囲だけれど、なんだかんだ30分くらい残業してる人って多いんじゃないの? きっと時短社員もその周りの人も「みんなは遅くまで残業してるのに、早く帰るの申し訳ないな」とか「僕たち私たちは毎日残業してるのに、うらやましいな」とかって多少なりとも感じてしまうと思う。

そんな小さな「ひずみ」みたいなものが積もり積もって、社内の人間関係が悪くなったり、耐えかねて辞めてしまう人が出たり……そういう問題が発生するのでは?

でも、それって絶対間違ってると思う。そもそも、多くの社員が残業しなきゃまわらない会社なんて、労働力が極端に少ない場合以外、作業効率が悪いとか、マネジメントが機能してないとか、なにかしら問題があるはず。

 

冒頭の記事の話題に戻ると、だからこそ「残業して働く社員はバリバリ働いてる」けど「残業しない時短社員はバリバリ働いていない」って見えちゃう表現はやめるべきだと思う。労働時間至上主義、反対。

時短やら、フレックスやらよりむしろ、 残業は全面禁止!にした方が、すべての人が働きやすい社会になると思うんだけどなあ。

 

それにしても、「バリバリ」って副詞、なんかこダサいね。もうちょっと洒落た表現を考えたいものだ。

 

「産んだのはお前」のおっさんがセンテンススプリングの餌食になった

男と女

朝に上げたブログで偉そうなおっさんのひとりとして紹介した、「産んだのはお前」発言の山田宏氏のスキャンダルを「週刊文春WEB」がスクープしていた。

shukan.bunshun.jp

離婚訴訟を起こされている山田氏の奥さんが、取材で過去の不倫問題について語ったそうだ。

 

ここのところ、「不倫」「愛人」というワードは、とてつもない威力をもっている。しかもそのうえ「隠し子」というワードまで。これは、燃えないわけがない鉄壁の布陣だ。

 

もちろん、保育園が不足している問題と、与党の参院選の候補者の素行は直結するようなものじゃない。個人的には、ちゃんと政治家としての職務をまっとうしてくれれば、私生活の清廉性についてわざわざあげつらう必要はないと思う。とはいえ「偉そうなこと言っといてなんやねん」と思ってしまうのはしかたがないことだろう。

しかも「山田氏は、妻との間にも三人の子供がいるが、保育園に通った時期も含め、子育てにほとんど携わらなかった」そうだ。これは、離婚訴訟を起こされている側の奥さんの発言ということを踏まえると、むやみに信じることはできないけれど、少なくとも愛人の間に生まれた子どもに対しては、認知して金銭的な支援(って言い方は適切じゃない気がするけど)をするだけだったんじゃないのかな、と思ってしまう。

 

こうなると、山田氏の「産んだのはお前。親の責任」っていう発言の親って、母親のことだけを指している可能性が濃厚。というか、少しでも「自分は言えた義理じゃないけど……」って後ろめたさを感じたんだろうか。思い当たる節があるがあるなら、もうちょっと慎重に言葉を選ぶはずなのになあ。

やっぱりおっさんは謎である。